HOME > アスベストとは?

あなたの住生活を、もっと快適に

本当に安心して快適に暮らしてゆける住まいをトータルサポート!

大協建設株式会社

あなたの目でお確かめください。オープンハウスをご案内中!!

アスベストとは?

アスベスト(Asbestos)とは…
アスベスト(石綿)はギリシャ語で「不滅のもの」という意味。天然の蛇紋岩や角閃(せん)石から取り出した直径0.02μから0.2μほどの極細繊維状の鉱物。このアスベストにはいろんな種類がありますがクリソタイル(白石綿)、アモサイト(茶石綿)、クロシドライト(青石綿)などが主に使われています。
原材料として優れものである吸音性、断熱性、耐腐食性、耐薬品性に富み、しかも経済的に安価であることから建築建材などの原材料として多く使われています。
どのようなところに使用されているのか?
建築材料をはじめボイラーや暖房パイプの被覆、自動車のブレーキやクラッチ板、石油ストーブの芯など3,000種類以上の製品に使われています。
建築建材の原材料に使用されているものが約8割を占めています。ほとんどがカナダ、南アフリカなどからの輸入に頼っています。
アスベストは有害物質
アスベストは直径0.02から0.2ほどの極細繊維状であるため、人が吸い込み、肺に突き刺さることで人体に重大な影響を与えることが解り、主に欧米で大きな社会問題となりました。 日本でもすぐに関係諸官庁が「アスベストの取扱い」について細かく規定した法律を施行しました。
「アスベストの取扱い」についてはそれを取り扱う者はその危険性を熟知し、関係法律をよく理解し、その規定に従って行わなければなりません。
この法律の目的は建築物の解体等に伴う粉じん排出等を規制し、有害大気汚染物質対策の実施を推進することにより、大気の汚染に関し、国民の健康を保護するとに生活環境を保全すること石綿製品の切断作業や、建築物の解体等における石綿の除去作業等、労働者が者が高密度の石綿にさらされる恐れの有る作業について、労働者の暴露防止をはかるこの法律の中で建築物に使用されている、吹付石綿、保温材等は特別管理産業廃棄物と定義され、特にその廃棄の仕方について定められています。

アスベスト除去に関する法律

大気汚染防止法
この法律の目的は建築物の解体等に伴う粉じん排出等を規制し、有害大気汚染物質対策の実施を推進することにより、大気の汚染に関し、国民の健康を保護するとに生活環境を保全することです。
「特定工事の注文者は、当該特定工事を施工するものに対し、施工方法、工期等について、作業基準の遵守を妨げるおそれのある条件を付さないよう配慮しなければならない。」と定められています。
労働安全衛生法
この法律は、労働基準法(昭和22年法律第49号)と相まつて、労働災害の防止のための危害防止基準の確立、責任体制の明確化及び自主的活動の促進の措置を講ずる等その防止に関する総合的計画的な対策を推進することにより職場における労働者の安全と健康を確保するとともに、快適な職場環境の形成を促進することを目的とする。
特定化学物質等障害予防規則
この法律の目的は石綿製品の切断作業や、建築物の解体等における石綿の除去作業等、労働者が者が高密度の石綿にさらされる恐れの有る作業について、労働者の暴露防止をはかることです。
「石綿が吹き付けられている建築物の解体・改修等の作業を行う場合はその場所を隔離しなければならない。」
「石綿が吹き付けられている建築物の解体・改修等の作業を行う場合はあらかじめ、石綿の除去作業に関する計画を所轄の労働基準局に届け出なければなりません。」と定められています。
廃棄物の処理および清掃に関する法律
この法律の中で建築物に使用されている、吹付石綿、保温材等は特別管理産業廃棄物と定義され、特にその廃棄の仕方について定められています。
公害防止条例他
各地方自治体で特別に独自に定める条例

使用材料について

〜有害な石綿を安易に除去するのはかえって危険です〜
石綿(Asbestos)の人体に与える有害性は、広く社会問題化しています。しかし石綿の除去方法には、多くの問題点が残されています。当社では、こうした状況を改善するため、システムで対応。
処理薬液として、石綿の結束性の強い無機質系のアスシールSi1、Si2、Si3を開発。また、トータルに石綿飛散を防止するアスシール工法を採用して、責任を持った施工体制を確立しています。
<特長>〜石綿飛散をシステムで防止〜
  1. 処理薬液は無機質水系で、石綿の結束性を高め、石綿飛散を防止。耐久性と防火性に優れ、吸音声も損ないません。
  2. 仕上げは、建設省通則認定防火材料基材同等第0003号、0004号適合の各種仕上げまでトータルに対応します。
  3. 処理薬液、補修材料、各種仕上塗材は、石綿などの有害物を含まず安全です。
  4. アスシールは、封じ込め工法(注入固化工法)、除去工法、カバーリング工法のいずれにも対応できます。
  5. 責任施工体制を確立しており、関連法令を守り、外部汚染などの心配はありません。
<用途>
  1. 吹き付け石綿の封じ込め(注入固化)及び除去。
  2. 吹き付けロッ色クウールの(注入固化)及び除去。

アスシール除去工法
完全養生・Si3による湿潤化・石綿除去・真空掃除機による清掃
アスシール固化工法
石綿繊維の飛散を防ぐため、アスシールSi1とSi2で石綿層の深部と表面を固めて、
各種仕上塗材で美装する工法です。
img_kotei.gif(9652 byte)

アスベスト除去処理作業工程

<1>調査、見積・施工計画書作成・提出
アスベスト除去前
<2>資材手配
<3>機材現地搬入・休憩所の設置
アスベスト除去
作業看板
アスベスト作業準備
・各種標示「作業主任者」「作業内容等」「立入禁止」
・足場材、養生及び回収資材、塗装機、減圧装置、真空掃除機他工事に必要な機材を搬入し配置します。
・施工前石綿濃度測定
<4>石綿粉塵濃度測定(施工前)
<5>作業用足場架設
天井より1.8mの高さで足場を架設します。
使用材:脚立、鋼性枠組足場、足場板
<6>作業区画の養生
アスベスト除去作業前
ビニル養生
作業区画内の床を養生フィルム(0.15mm以上)養生します。壁面の取合部は30cm以上立ち上げて養生し、重ね部分は30cm以上とする。
<7>資材手配減圧装置及び排風ダクト
減圧装置及びダクトを設置し運転します。区画内部は常時負圧に保ち換気回数は4回/hを基準とし、必要台数を設置します。
●石綿除去率=0.3μ99.97%
●エアー吸入口、ダクト
●差圧計測(減圧機運転期間中)
<8>更衣室、シャワールーム据付
作業区画の入口に接して更衣室シャワールーム更衣室の順で設置します。
セキュリティーゾーンの区画養生を行います。
<9>飛散防止剤の吹き付け
飛散防止剤を低圧スプレーポンプにより除去面全面にまんべんなく吹付けし、アスベストを湿潤させます。
<10>アスベスト除去
吹き付けアスベスト全面をスクレーパー及びワイヤーブラシですみずみまで丁寧に剥ぎ取り除去します。
<11>石綿粉塵濃度測定(施工中)
アスベスト固化剤準備
<12>除去面磨き除去石綿のセメント固化
除去したアスベストはポリ袋にいれて収集し、セメント固化室に運搬し、アスベスト:セメント:水=1:1:0.7の割合で混合しセメント固化後、アスベスト表示のポリ袋に二重に詰めて24時間以上後に搬出します。(アスクリート車によるセメント固化)
<13>撤去後固化剤吹き付け
アスベストを除去した後、微小残留アスベストは表面固着剤のスプレーにより浸透固着させます。養生面、足場材料、集じんダクト等の設置機材も同様にします。
作業区画内床、足場材、機器等を真空掃除機にて清掃します。
アスベスト固化作業中
<14>除去後の清掃
作業区画内床、足場材、機器等を真空掃除機にて清掃します。
<15>養生撤去
アスベスト集積
養生材は、アスベスト表示入りのポリ袋に入れて、アスベスト廃棄物として処分します。この時点で作業区画内はクリーンエリアとなります。(二重梱包)
<16>更衣室、シャワールーム撤去
シャワールーム撤去し片付けます。
<17>石綿固定化物及び養生材料搬出
アスベスト積み込み
アスベスト表示入りのポリ袋に入った石綿固化物、養生材等を許認可を受けた石綿収集運搬業者に引き渡します。
<18>最終処分場に廃棄
許認可を受けた管理型最終処分場に廃棄する。
<19>終清掃
アスベスト除去完了
作業区画内外全体を再度清掃し、資機材の引き上げを行って、工事を完了します。
<20>石綿粉塵濃度測定(施工後)
<21>工事完了報告書提出